こんばんわ、RONです。
今日はTwitterで勝手に無断使用されたら、転載されたらを解説していこうかと思います。



TwitterやYouTube、LINE
ほとんどのSNSは今無断転載の嵐になっています。



おもしろ動画まとめました!
とYouTubeに投稿している人
それはテレビ局への著作権侵害です。

この辺はグレーゾーンで
テレビ局から注意をされたり訴えられたりされたことは
今までにありませんが、
違法ということだけは覚えておきましょう。



Twitterで著作権違反


いろいろと調べた結果、どうやら
Twitterではツイートの引用は認められているみたいです。
画像の転載や無断使用 スクショなどは記されていませんでした。

Twitterに投稿する
それは全世界にむけて発信するということ
「鍵もせずにツイートしたお前が悪い」「パクツイされても仕方ない」
彼らの言い分はわからないことはないのですが、
逆の立場になって考えてみるとどうでしょう?


Twitterに載せるためと言っては何ですが、
必死に時間とお金をかけて作ったものを勝手にツイートされては
気分は最悪ですね。
オリジナリティがあるものほど問題になりやすいです。




無断転載されたらどうすれば?



基本的に元ツイートを自分であるという証拠を
無断使用した側に送り付け
ツイートを削除してもらうことが良いのですが、
なかなかそうはいきません。

無視されたりブロックされては対処の使用がありませんよね・・・



Twitterサポートに報告する

はい、Twitterサポートには「著作権違反」を通報するページがあります。
報告すると、そのツイート(違反ツイート)は削除されます。
もし、その無断使用しているアカウントが
3、4回報告されると凍結もされるんです!!  
これはあまり知られていませんが、
有名な大型パクツイアカウントはこれらですべて凍結しています。




注意点


Twitterサポートで報告するときは、
氏名 
住所
電話番号

その他諸々の個人情報がすべて相手に伝わります!!!
というのも、
「○○さんから○○な報告を受けて違反していたツイートを削除したよー」
とメールが行くのです。

相手は無断で勝手にふるまう人です・・・
そんな人に個人情報を知られたくない!
という人にはお勧めしません・・・





まとめ

勝手に使用されていた場合は口実で済ますのが一番ですが、
ネットではそうはいきませんよね。

つい最近こんなことがありました、
無断で使用した挙句、商品紹介に利用されていた方を訴える!
訴える寸前、和解し40万円のお金を渡すことで決着しました。

裁判を起こすにはお金がかかり勝ったとしてもかなり負担がかかります。
しかし、公正な場で裁いてもらうのもよいかと思います。

どうしても無断で使われたくなければ
ネットに流さなければよいのかもしれません
または、画像の隅に
「無断転載禁止」と入れるだけでだいぶ違ってきます。

悩ましく難しい問題ですがこれらを把握した状態で
行動することが大切ですね(・・;)

次回は「Twitterでお小遣い稼ぎ」をテーマに書きなぐりたいと思います(笑)